彼氏欲しいならカレホシ

彼氏欲しいけど出来ないなら、こんな作り方あります

彼氏欲しい

彼氏が欲しいなら即やめたい習慣

彼氏欲しいなら即やめたい習慣

彼氏ができない女性は、日ごろの習慣が原因かもしれません。

今回のカレホシでは、即やめたい習慣についてお話します。

まず始めに、愚痴をこぼす癖がある女性はすぐに改善しましょう。

愚痴を毎日周囲にこぼす女性は、男女問わず嫌われやすいです。

「あの人、いつも不満ばっかり言ってるわ」

といった評判が、社内やクラス内で広がり、恋人どころか友達さえ出来なくなります。

次に即やめたい習慣として挙げられるのが、周囲の誰かの悪口を言う癖です。

芸能人のゴシップやスキャンダルは、ある種の会話のきっかけ作りとして楽しめます。

ですが、いわゆる身近な友達や知人の悪口を言う女性は避けられがちです。

「その人と親密な関係になれば、自分もきっと悪口を周囲に漏らされるだろう」という心理が働きます。

身近な友達の悪口や悪評を常に振りまく女性は、陰湿で僻みっぽい性格だと判断されます。

心当たりのある女性は、即やめましょう。

真剣に結婚を考えるなら、婚活サイトへ

結婚したいけど相手もおらず、気持ちばかりが焦り、これからどうしようかと悩んでいる独身のあなたへ、真剣に結婚を考えるなら、婚活サイトを使いましょう。

サイトには、有料サイトと無料サイトがあります。

有料サイトは、入会する時点で本人確認があり、身分証明書の提出を条件にするサイトがほとんどです。

最近では、どの無料サイトでも本人確認があります。

結婚する気持ちがないのに無料という点を利用して、異性との出会いを求め入会する人がいます。

本人確認が免許書番号のみの婚活サイトもあります。

本人確認のハードルが低すぎる場合は、注意してください。

婚活サイトは有料でも、月額2,000円~3,000円です。

専門サイトが無かった時代の様々な婚活方法と比べると、ひときわ安く活動できます。

同じ悩みを持つたくさんの人達がこれから利用すると思います。本気ならすぐにはじめるべきです。

婚活サイトに載せる写真の注意点

サイトを使って婚活をはじめる場合、載せる写真は好感度を強く意識したものを用意しましょう。

婚活サイトでは、多くの人が見た目を重要視して相手を選びます。中には写真を載せなくてもよいところもありますよね。

しかし写真を掲載した方が、圧倒的に異性会員はプロフィールを読んでくれます。

写真の掲載は、ページに目を留めやすくなり、その分アプローチが多くなります。

その際に注意点があります。

掲載する写真は、できるだけ自然な表情のプロフィール写真を選びましょう。

自撮りはナルシストだと思われがちなのでやめましょう。

プロフィール写真は自然光のもと、友人に撮ってもらいましょう。

彼氏が欲しいと思う理由は?

「彼氏が欲しい」と思う理由

・ただ単にひとりはさみしいから

・周りの友人に彼氏が出来て、あまり遊べなくなったから

・街中を恋人同士が仲良く歩く姿を見ていたら羨ましくなったから

・クリスマスやバレンタインデーといったイベント時につまらないから

・恋愛経験があり恋愛の楽しさを知っているから

常に気にかけてくれる男性がいてくれたら心強いですね。

彼氏が欲しい時のおすすめ手段

すぐに彼氏ができるなら苦労はしませんが、実際はそんな簡単ではありません。

もしもやれるだけのことをやってそれでも彼氏ができないなら、出会い系サイトやアプリを手段として用いてみましょう。

こうした出会い系のコンテンツは、抵抗がある人も多いはずです。

ですが優良なサイトやアプリでは真剣に異性を探している人も大勢いるため、飛び込んでみる価値はあります。

まずは、敷居の低い無料で利用できるアプリをインストールして、操作に慣れていきましょう。

まとめ

彼氏ができない女性は、日ごろの習慣を疑ってみる。

婚活サイトは、真剣に結婚をしたい人におすすめだが、本人確認のハードルが低すぎる場合は注意。

自然な表情のプロフィール写真を選ぶ。

彼氏が欲しい理由は、「さみしい」、「周りの環境」、「羨ましい」、「つまらない」、「恋愛を知っている」が挙げられる。

無料で利用できる出会い系アプリは、真剣にお付き合いしたい女性におすすめ。

-彼氏欲しい

執筆者:

関連記事

間違い言動

彼氏が欲しい人が陥りやすいNG言動

「彼氏が欲しい」とお悩みの方は、あなたの言動でチャンスを逃しているかもしれません。 今回は「彼氏が欲しい人が陥りや …

「彼氏が欲しい」という女性は信用できない

「彼氏が欲しい」という言葉が口癖になっている女性は、周囲から信用できない人と思われやすいです。 周囲の男性陣からは …

忙しい社会人でも効率よく彼氏をみつける方法あれこれ

学生の頃とは違い仕事をし出すと、男性と出会える機会がめっきり減ります。 職場と自宅の往復が日常化すれば、「彼氏が欲 …